勝手に口コミ!ブリタ浄水ボトル「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」を買ってみた

「旅行の時も、安全で美味しい浄水された水が飲みたい!」

「ミネラルウォーターを買い続けるのはもったいない」

そんな悩みを解決するために、浄水ボトル選びに乗り出した私たち。

そして、徹底的に調べた結果、BRITA(ブリタ)の浄水ボトル「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」を買うことにしました。

この記事では、BRITA(ブリタ)の浄水ボトル「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」の使い勝手や使い方などを、勝手に口コミレビュー!

週1回のフィルターの熱湯消毒が必要なものの、使い勝手よすぎて水代も節約できたので重宝してます^^

BRITA(ブリタ)の浄水ボトルは2種類

今回購入を検討したBRITA(ブリタ)の浄水ボトルは、実は2種類あります。

「fill&go Vital(フィル&ゴーバイタル)」と「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」です。

どちらも容量は600ml。

使われているカートリッジは同じものなので、浄水性能は変わらないものの、使い勝手に差があります。

fill&go Vital(フィル&ゴーバイタル)


fill&go Vital(フィル&ゴーバイタル)

フィル&ゴーバイタルは、ブリタのfill&goシリーズで最初に登場した浄水ボトルです。

オフィスにも持ち運びしやすいスタイリッシュなデザインで、片手でフタを外せます。

ただし、本体が固い(押せない)ので、吸わないと水を飲めません。

運動後など、ゴクゴク水分補給したい時には、飲みにくいでしょう。

またフィル&ゴーアクティブに比べると、本体が固いため、衝撃に弱そうです

fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)


fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)

フィル&ゴーアクティブは、フィル&ゴーバイタルのデメリットをカバーした改良版というところでしょう。

本体が柔らかい素材になり、押して水を飲めるようになりました。

デザインはよりスポーティになりました。

旅行での利用をメインに考えていた私たちは、衝撃にも強そうなフィル&ゴーアクティブを購入することに決めました。

BRITA(ブリタ)の浄水ボトル「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」の使い勝手はめちゃくちゃいい!

BRITA(ブリタ)の浄水ボトル「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」を実際に買って、使い勝手はどうだったのか?というと・・・

正直めちゃくちゃ使い勝手いいです!

まず口が広いので、水道水を入れるのがラク。

パーツも簡単な作りなので洗うのもラク、フィルター以外は食洗器使用もOKです。

飲む時は、フタを外して飲み口のマウスピース部分を上に引っ張りあげ、本体を押せばゴクゴク浄水を飲めます。

マウスピースは固すぎもゆるすぎもせず、スムーズに上げ下げできます。

特にストレスになる部分はないですね。

フィルターの消毒は週1回が推薦されてますが、それも熱湯に5分つけておくだけでいいので、さほど手間ではありません。

本体の重さは146gと軽く、ストラップもついてるので持ち運びにも便利です。

浄水性能は9項目除去で水道水より圧倒的に美味しい

浄水性能としては、ミネラル分はそのまま。

塩素や総トリハロメタンなどの味やにおいに影響する9項目を除去しているそうなので、水道水からろ過する分には十分ですね。

ろ過した水は水道水臭さが抜けて、ミネラルウォーターというほどではありませんが、水道水よりは圧倒的に美味しいです。

※飲用水以外の水をろ過しても飲めるようにはなりません。

除去項目

  1. 遊離残留塩素
  2. 総トリハロメタン
  3. 2-MIB(かび臭)
  4. CAT
  5. テトラクロロエチレン
  6. トリクロロエチレン
  7. ブロモジクロロメタン
  8. ジブロモクロロメタン
  9. ブロモホルム

水代も節約!旅行中1カ月間の水代6,000円→0円に

自慢じゃないですが、私たち夫婦はめちゃくちゃ水を飲みます。

旦那だけでも1日3L以上は当たり前で、2人だと1日6L近く飲む日もあります。

それだけに旅行中の水代はバカになりません。

スーパーで安くまとめて買っても、2Lペットボトル×6本入りの箱ケースで約400円。

1日6L消費すると1ケース買っても2日しかもたないので、1カ月だと 400円×15ケース=6,000円 かかる計算に(><;)

これがBRITA(ブリタ)の浄水ボトルに変えたことで、水代が0円に!

ホテルの水道水はいくら飲んでもタダですからね!

すっごい節約できました。

BRITA(ブリタ)の浄水ボトル「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」本体は2020年10月17日時点で1,280円で買えたので、1週間程度で元がとれちゃいました^^

フィルター代を考えても、1カ月あたり593円でおもいっきり水が飲めます。

ちなみにカラーは4種類あります。

私はブルー、旦那はグリーンを購入しました。

BRITA(ブリタ)の浄水ボトル「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」の使い方

最初に本体をしっかり洗剤で洗います。

フィルターは洗剤不可なので水洗いし、1分ほど水に漬けておきます。

後はフィルターを設置して、ボトルに水道水をいれ、しっかりとキャップをしめるだけ。

ただし、最初の水はフィルター臭くてまったく美味しくないです^^;

ボトルに入ってる水すべてを3回くらい通すと、フィルター臭さがとれて美味しくなってきます。

フタは飲む時は、下にはめておくと、なくさず便利ですよ。

飲む時は、飲み口の部分を上に引き上げます。

そのまま吸っても飲めますし、本体がやわらかいので吸わなくても押せば簡単に水がでます。

本体を押すと結構な勢いで水がだせるので、運動後でもゴクゴク飲めていい感じです!

コップに水を注ぐこともできます。

口が広く、氷も入るので冷たい水も飲めます。

洗い方は水で流すだけ。食洗器利用もOK

水しか入れないので、毎日の洗浄は水洗いだけでもOKです。

うちは汚れが気になる時や、週1回のフィルターを熱湯消毒するタイミングなどに、本体を洗剤で洗ってます。

ただし、フィルターは洗剤で洗えないので、のぞくのを忘れずに。

ブリタの浄水ボトルfill&goのフィルターは月1回の交換が必要

BRITA(ブリタ)の浄水ボトル「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」のフィルターカートリッジは、150L毎に交換する必要があります。

フィルター1つで500mlペットボトル300本分をろ過できるので、たくさん水を飲む人でも1カ月はもちます。

交換用フィルターは「ブリタ マイクロディスク(MicroDisc)」というフィルターです。

Amazonだと3個セット 1,780円(2020年10月17日時点)なので、ひとつあたり593円。

コンビニで500mlのミネラルウォーターは6本しか買えませんが、BRITA(ブリタ)の浄水ボトル「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」なら、同じ値段で、また500mlペットボトル300本分の水を飲むことができるわけですね。

我が家の場合、旅行時のみの使用になると思うので、さほどランニングコストもかからなそう。

 

フィル&ゴーアクティブは旅行時のマストアイテムに決定!

BRITA(ブリタ)の浄水ボトル「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」の使い勝手はめちゃくちゃいい!

水をたくさん飲む人にはもちろん、ペットボトル削減の観点からも、みんなにおすすめしたい浄水ボトル。

特に使い勝手が良く、ハードな使用にも耐えられるBRITA(ブリタ)の浄水ボトル「fill&go Active(フィル&ゴーアクティブ)」は、水をたくさん買うことの多い旅行時に大活躍。

今後は旅行時のマストアイテムに確定です!

水代も節約できたし、いい買い物しました!