バーベキューコンロ&焚き火台に!コンパクト軽量のキャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリルは組み立て簡単でおすすめ【動画あり】

こんにちは、’U’meです。

キャンプといえばバーベキュー!

バーベキューは卓上コンロでもできますが、やっぱりバーベキュー用のコンロがあるとテンションがあがりますよね~!

というわけで、私も買っちゃいました、バーベキューコンロ。

といっても以下にもバーベキューコンロっていう大きいやつじゃなくて、コンパクトに収納できる2~4人用のコンロです。

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル Mサイズ M-6498」というバーベキューコンロなんですが、コンロだけじゃなくて、焚き火台にもなる1台2役!

バーベキューコンロ&焚き火台に!コンパクト軽量のキャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリルは組み立て簡単でおすすめ【動画あり】

ダッチオーブンもおけるので、キャンプで大活躍してくれました。

すごく便利だったので、使用感やコスパに関して紹介したいと思います。

バーベキューコンロ・焚き火台にキャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498を選んだ理由

バーベキューコンロ兼焚き火台になる、1台2役のコンロはキャプテンスタッグ以外のブランドでも販売されています。

その中で、キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル (M-6498)を選んだのは、ずばり「サイズ感がちょうどよく、安くて評判がよかった」から!

詳しく説明していきますね。

1. 1つでバーベキューコンロと焚き火台の両方に使える!

最初は私、「バーベキューコンロと焚き火台、両方買わなきゃな~」と思っていたんです。

でも、最近は1台2役で願望をかなえてくれるバーベキューコンロがあることを知り、荷物の軽量化が最優先だった私はこのタイプのバーベキューコンロを探すことにしました。

で、候補にあがったのは比較的安かった下記の商品たち。

このなかで下記の条件を満たす(サイズ感がちょうどよくて、かつ評判が良く、安心できそうなブランド)のバーベキューコンロが「キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル (M-6498)」でした。

2. コンパクト・軽量で2人使用に丁度良さそうなサイズ感

実は、キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリルはサイズ展開していて、もっとも人気があるのは4~6人程度までの利用に最適な「キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6500」。

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498より、もうワンサイズ大きいサイズのものになります。

でも我が家では、おもに2人使用がメイン。

バーベキューしたり、焚き火する時には少し大きくても良いかなと思ったのですが、キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6500だと収納時のサイズがちょっと大きいんです。

横が約57cm×縦約47㎝になり、かなり大きめのトートバックという感じで重量が3.8kgもあります。

大きすぎなく小さすぎない、2人で使うのにちょうど良いバーベキューコンロ…となると、もうワンサイズ小さいキャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498がちょうど良さそうでした。

ちなみにキャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498のサイズ感は横約29cm×縦約26cm。

商品説明では2~4人用となっていますが、2人分の食材を焼いたらこんな感じ。

収納時は横約33cm×縦約35cmで、小さめのトートバック程度。

とてもコンパクトにまとまるので、軽自動車移動にはもってこい。

重量は1.8kgと軽量なので、ノートパソコンとさほど変わらない重さ。

これなら、女性でも片手で軽く持ち運べるなぁということでキャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498のサイズにしました。

3. 組み立てが簡単

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリルシリーズは、組み立てがとても簡単です。

直感的に組み立てることができるので迷うこともなく、1分もかからず組み立てが完了します。

もちろんしまう時もすぐばらせますし、パーツが分かれているので洗う時も楽ちんです。

4. Amazonの口コミ評価が良い

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498のAmazonでの口コミ評価は、180件以上あって星5つ中の4.4。

人気サイズの、キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6500においては、約600件あり星5つ中の4.4です。

これだけ評価があるなかで、星4以上をキープしているので利用者の満足度が高いのは間違いありません。

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリルのラージサイズ(おそらくM-6500のことだと思われます)を持っている方も多く、そちらと比較して「少人数ならSサイズ(M-6498)がちょうどよい」「コンパクトで使い勝手が良い」よいう口コミが多かったです。

「ヘキサグリルLも持っていますが、そちらに比べて大分軽く、省スペースなので、3人ぐらいでBBQを楽しむのであればこちらをオススメします!4人でもなんとかいけそうです!

昼はBBQ、夜は炊飯と調理など、多彩に使えます。スノピのトレック900+1400+小さいフライパンぐらいなら乗るので、3口コンロ的な感じで使えます。」

「通常のコンロは嵩張るので持ち出しに難が有りました。でも、これは非常にコンパクトで最高です。

小さい分、薪がしっかり炭になる点も良いです。ススが付いて真っ黒になりますが、焚き火台なので問題ありません。」

「ラージを使っていて、使いやすいのでこちらのサイズも購入しました。

主に肉、野菜、海鮮、ウインナーなど定番のバーベキューに使っていますが、スモールだと4人1家族でちょうどですね。ラージは2家族で使ってます。

空気穴から油や灰が落ちるので、脚の中に収まるサイズのステンレスの丸盆を敷いています。丸盆も収納袋に入れています。

洗いやすいし乾きやすいです。ペタンコに収納できるので場所をとりません。

欠点は炭を足しにくい所ですが、値段や上記のことを考えると私は気になりません。

もしも壊れた時はリピートします。」

引用:Amazonレビュー

最低評価の星1つは2%しかなく、「交換する網が売ってないのが不便」「新品でないものが届いた」というものでした。

交換する網については、購入者の声をうけて販売されるようになったのか現時点では取り扱いがあります。

正直網は100円ショップのものでも十分なので、変え時になったら少し大きいサイズの網を買って乗せて使えば良いかと思います。

また、Amazonでは新品でないものが届くことはほかの商品でもある話(商品自体ではなく、Amazonの管理体制の問題)なので、その時は返品すれば良いと思って購入しました。

5. 価格をおさえてコスパの良いアウトドアブランドのキャプテンスタッグ

同じようなタイプで、もっと安いバーベキューコンロ&焚き火台は、最初にもあげたようにいくつか見つかりました。

でも、2,000円代の安いバーベキューコンロ&焚き火台は「バリとりが甘く指を切った」「不良品が届いた」というような悪いレビューも多く、それなりに品質が安定しているキャプテンスタッグの商品が良いかなと。

私はキャプテンスタッグのアウトドアグッズをいくつか使っていますが、どれもほかの知名度のあるアウトドアブランドに比べると安く、その割にはしっかりとした作りで使い勝手が良いんです。

つまり、キャプテンスタッグの商品ってコスパが良いんですよね。

ほかの安バーベキューコンロ&焚き火台は、どこが作っているのかよくわからないような商品ばかりだったので、3,000円代のキャプテンスタッグの方が安心だと思いました。

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498の使用レビュー

ここからは実際に使った使用感を紹介していきます。

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498の一式セットはこちら。

下調べ通り、とてもコンパクトで軽量、専用バックがついてきて全てしまえるので、持ち運びは楽々でした。

組み立ても簡単すぎて、説明は不要なくらいです。

まずは、バーベキューコンロとしての使用から。

火つけにはお気に入りのドラゴン着火剤を使用。

新聞紙などの紙がなくてもよかったかもっていうくらい火のまわりは早かったです。

ドラゴン着火剤についてはこちらの記事で詳しくまとめています

足部分は熱くなりにくいので、炭に火が付いたままでも移動できます。(念のため軍手をつけましょう)

バーベキューコンロとして使う

2人で使用しましたが、ご覧のとおり2人用の食材はなんなくのります。

4人までとなるとM-6498(Sサイズ)だと正直小さいかなと思いますが、3人までなら対応できると思いました。

4人以上なら、もうワンサイズ大きい「キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6500」のほうがオススメです。

高さですが、Moon Lenceアウトドアチェアをあわせると程よい高さでした。

火が暮れてからは、焚き火台として使用しました。

焚き火台として使う

本体下部に通気口があるためか、薪もよく燃えます。

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498はコンパクトなので、薪はキャンプ場などで売っている下記のようなサイズのままだと大きすぎました。

このサイズだと入っても3本程度といったところで、バランスが悪くなり、薪が倒れそうになります。

そのため、自分で小さいサイズに巻き割りするか、下記のようなくべやすいサイズになっている薪を使用するのがオススメです。

薪さえ小さめのを用意すれば、2人でゆったり使う分にはちょうどよいサイズでした。

後始末のしやすさですが、分解できて軽いので、とても洗いやすいです。

もちろん本体に炭汚れはつきますが、網をしっかり洗えば問題ないので気になりません。

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498のコスパは?

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリル M-6498は、Amazonだと3,746円(税込)。

楽天市場では5,164円から、Yahoo!ショッピングでは3,770円から売っています。

今回も最安のAmazonで購入しました。(プライム会員なので送料は無料)

実際に使ってみて、期待通りの品物で特に不満もなく、物持ちも良さそうだと思いました。

さすがキャプテンスタッグだな、という感じでコスパは良いと思います!

しいていうなら、思った以上に便利なので、もうワンサイズ大きくてもよかったかな?というところです。

下記に、それぞれのサイズの詳細ページをのせておきます。

目安としては2~4人使用ならM-6498、4~6人以上ならM-6500ということですが、4人使用ならM-6500の方を買ったほうが良いと思います。

▼小さいサイズ(M-6498)はこちら

▼大きいサイズ(M-6500)はこちら

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリルを便利に使うには

薪は小さめのものを準備

先に書いた通り、薪は小さめのものを準備しておくのがオススメです。

もちろん巻き割り用の斧があればベストです。

小さめの薪は店舗は見つかりにくいですが、通販では買いやすいので買って持っていくのもいいと思います。

下にアルミホイルや丸皿などをしく

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリルをコンロとして使用したり、焚き木をたくと、下に油や炭が少し落ちます。

芝がこげたりする可能性もあるので、直火が不可なキャンプ場ではアルミホイルや耐熱性のあるステンレスの丸皿などをひいたほうが良いです。

交換網は一回り大きい網が便利

正規品の網を使ってももちろん良いのですが、ひとまわり大きいほうが、焚き木や炭の補充がしやすいと思いました。

長方形の網なら、少しズラせば木や炭を足しやすいですね

100円ショップなどでも売っているので、今の網がダメになったら買い換えたいと思います。

 

今まで直下火OKの川辺のキャンプ場でしかバーベキュー経験がなく、バーベキューコンロ&焚き火台をはじめてつかったわけですが…

キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイアグリルを使ってみて、バーベキューコンロと焚き火台の便利さを痛感しました。

これで気軽に色々なところなキャンプ場でバーベキューや焚き火が楽しめるようになったので、秋は「どこでキャンプしようかな~」とワクワクする今日この頃です。