バックパッカー & 南国旅行なら、ネスタのスクエアリュックサックが絶対オススメ

2018/10/01

こんにちは。Sat’o’です。

今日は以前から書こう書こうと思っていた、僕が旅行につかっているリュックサックについて紹介します。

僕のつかっているリュックサックは、ネスタ(NESTA)の黒色のリュックサックです。

こちらは今回3ヶ月ほど東南アジアをまわることになり、そのために購入したリュックサックです。

バックパッカー & 南国旅行なら、ネスタのスクエアリュックサックが絶対オススメ

このリュックの費用対効果が最高なわけですが、ざっくりまとめるだけでも以下の4点があります。

  1. 頑丈でセキュリティーも高い
  2. LCCの手荷物で持ち込める大きさ
  3. 容量が多い(たくさん詰め込める)
  4. お手頃価格

なんだリュックの広告か・・・と思わず、最後までチェックしてみてください。

このリュックサックが、あなたの旅を劇的にラクにしてくれる可能性が、十分にありますからね。

それに最後まで読んでいただければ、なぜ僕がこのリュックを強烈にオススメするのか?

絶対にわかるはずですよ。

ネスタスクエアリュックがハンパなく良いところ4選

ここでは実際に使ってみて感じた、ネスタスクエアリュックを選ぶ理由をまとめます。

これまでにリュックもキャリーケースも何度も買いかえてきましたが、なぜもっと早くこのリュックを買わなかったのか?

結構まじで後悔しています。

その1:頑丈で強固なセキュリティー

マットな質感で丈夫そうに見えるだけでなく、衝撃に強いなと感じることが多いです。

  • ベットにリュックを軽く投げる。
  • ベットでバウンドしてリュックが床に落ちる。
  • 長距離バスで雑な乗務員に、リュックを引きづられる。

今回の旅でも、こういったことは何度かありましたが、それでもまだまだ元気なのが何よりの証拠です。

さらに嬉しいのが、恐怖のポテチ開けが難しい構造になっているということです。

ポテチ開けについては、下記の動画を見てね。

まぁ、このリュックサックなら絶対に中身を盗まれない・・・

というわけではありませんが、従来のリュックサックに比べると、セキュリティーは高めです。

これはバックパッカーにとって、結構おおきな安心材料になるはずですよ。

その2:LCCの手荷物で持ち込める大きさ

エアアジアでもジェットスターでも、バニラエアでもスクード航空でもピーチ航空でも・・・

日本国内で人気の格安飛行機(LCC)に、手荷物として問題なく持ち込める大きさです。

気にすべきは重量くらいのもの。

ただし7キロまでにおさえれば、どのLCCでも基本的には追加料金がかかりません。(2018年現在)

7キロ以内は難しそうに思えるかもしれませんが、リュックサックが意外と軽いのでなんとかおさまります。

経験上、バックパッカーや南国旅行が目的なら、リュックサック一つで十分に旅できますよ。(女性だとギリギリ)

ただそれが面倒な人は、スクート航空のように10キロまでは持ち込める、規約がゆるめのLCCを使ってください。

僕は今回、東京からバンコクに行くためにスクートを利用しました。

その3. 容量が多い(たくさん詰め込める)

写真をみればわかりますが、見た目のわりに何でも入る収納スペースも魅力的です。

容量が多い(たくさん詰め込める)

こちらはメインの収納エリアで、15インチまでのノートPCが収納可能です。

さらに内側には、メッシュの収納エリア(写真左部分)もあります。

それだけでなく、リュック上部分、外側の収納エリア × 2、靴入れ、ペットボトルや傘入れもあります。

外側の収納エリア ペットボトルや傘入れ シューズケース

もしかすると「それだけ?少なくない?」と感じるかもしれませんが、思っている以上に収納できますよ。

実際に持ち運べている主な荷物をあげるだけでも・・・

  • 4日分の衣服
  • ベッドが不潔だった時用のシーツ
  • ノートPC(13インチ)
  • 各種コード類
  • サプリと薬を3ヶ月分
  • シュノーケルセット
  • 海パン
  • ビーチボール
  • 洗濯用のバケツ
  • 洗濯紐と洗濯バサミ
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 洗顔料
  • 化粧水
  • ニベア
  • ヘアワックス
  • 英語の本

他にも色々。(もう面倒くさい)

まぁそんな感じで、一般的な旅行に必要なものは、すべて持っていけている、というわけです。

その4. お手頃価格

ここまで絶賛してきた、ネスタのスクエアリュックサックですが、気になるのはお値段ですよね?

実はコレ。中々のお手頃価格なんです。

僕が近所のホームセンターで買った時は、3,980円(税別)でした。

ネットを見てると、もう少しだけ値段が上がるようですが、それでも4,000円代前半で購入できます。

これが高いのか、安いのか?

結論からいえば、メチャクチャ安いです。

比較をだすと、僕が最初の世界一周旅行に出かけた時。

購入したバックパックは、14,000円くらいでした。(破れました)

次のスーツケースは15,000円くらい。(壊れて修理 → 再度壊れる → 保証期間終了)

こういった経緯もあり、それからはバッグにもスーツケースにも、お金をかけなくなったわけです。

しかし今回、奮発して購入したネスタのリュックサックは一味違いました。

僕にとってのリュックサックに4,000円をかける行為は、鉄板焼きの小洒落たお店で、20,000円くらい払うのと同じくらいの感覚です。

だって最初は、ダイソーのリュックサックで旅に出ようとしてたくらいですからね・・・

話がそれましたが、それくらいの気持ちで購入したネスタのリュックサックは、コスパ最強のリュックサックだったわけです。

機能性。デザイン。耐久性などなど。良いところは数え切れない。

4,000円〜5,000円くらいのリュックサックとしては、ほぼ100点満点の満足だったわけ。

だからこのリュックサックは、4,000円でも絶対に買いですよ!
と言っているわけです。

ちなみにスーツケースも、30,000円くらいするものは、本当になかなか壊れませんのでご安心を。(サムソナイト、リモワ、エースあたりは優秀)

その他のメリット

既に紹介していることも含まれますが・・・

  • シンプルなデザインで、わりとオシャレ
  • LCCの機内手荷物として持ち込める
  • それなりに軽い
  • 欠点らしい欠点がない

まとめ

今回のリュックサックは、利用開始から2ヶ月ほどだった状態で、レビューを書いています。

今のところ、ほぼ欠点のないリュックサックのようにも思え、もしこのリュックサックが壊れたら、また同じものをネットで買おうと思っているくらいです。

ヨーロッパなどの旅行には不向きかもしれませんが、東南アジアや南アジア。南国リゾートへの旅行。

台湾や韓国といった、東アジアへの短期旅行くらいなら、このリュックサック一つで十分なのは間違いありません。

もちろん国内の旅行にも使えますよ。

旅好きの方。これから東南アジア一周を考えている学生さん。
長期休みがとれて、南国へ行こうと考えているサラリーマンの方々。

ぜひこのリュックサックを背負って、お得な旅行に出かけてみてください。

ホントに買って後悔させない自信がある、貴重なリュックサックだと思ってます。

とりあえず購入できそうなとこのリンクをまとめたので、よかったらチェックしてみてくださいね。

ネスタスクエアリュック ブラック NEB-01

※ ネットで買えないタイミングも過去にあったので、そうだった場合はごめんなさい。