ホーチミンの面白い遊園地と美味しいブンチャーレストラン

2018/10/09

ベトナムのホーチミンに安くて面白い遊園地と、美味しいブンチャーの食べれるレストランを発見!
料金や行き方などを紹介します。
簡単に行ける場所にあるので、ぜひ行ってみてください。

安く楽しめる!おもしろおかしな遊園地「スイティエン公園」

ホーチミンで定番の観光場所に行き、飽きてきたなーと思ったら「スイティエン公園」がオススメ。

園内には変な銅像がところせましと並んでおり、見るだけでも楽しいのですが、
ジェットコースターやコーヒーカップといった定番の乗り物のほか、ジップラインやレーザーゲーム、ワニ園、ドクターフィッシュ、プールまであって、さまざまな遊びが楽しめるスポットとなっているんです。

ワニ園では格安でワニ釣りもできますよ。

1日いてもあきません。

しかも平日はかなりすいていて、ジェットコースター乗るために人を待つっていうww(3人以上じゃないと動かない)

ホーチミンへきたら、また絶対行こうと思ったスポットなのでした。

スイティエン公園の料金

入場料は大人ひとり120,000ドン。

各乗り物は乗り物の前のチケット売り場で買う形式になっていて、20,000ドン程度から乗れます。

プール利用料は確か別途60,000ドンでした。

スイティエン公園の行き方

ホーチミン市内から19番バスで1時間ほど。

片道6,000ドンで、「Soui Tien」下車すぐです。

ホーチミンの美味しいブンチャーのレストラン

そもそもブンチャーって?という話なんですが、ベトナムのハノイ発祥のつけ麺みたいな料理です。

で、オススメレストランは「ブンチャー145」というお店。

ブンチャー 40,000ドン。

好みでにんにくやとうがらし、しそなどのハーブをちぎって入れ、ピリ辛でやや甘みと酸っぱ味のあるスープに、ブンと呼ばれるお米の麺を入れていただきます。
肉団子の旨味と深い味わいのスープ、ハーブの爽やかな香りが相まって絶品。

さらに春巻き(1本15000ドン)を加えるとめちゃうまい。

春巻きはブラックペッパーがきいてて、これだけで食べてもうまいです。

ベトナムにきたらエッグコーヒーも試してみては?

余談ですが、ベトナムのコーヒーといえばベトナムコーヒーが有名です。

しかし、ベトナムにはエッグコーヒーという卵を使ったコーヒーもあります。

あたたかいプリンのようなお味。

ホーチミンは喫茶店激戦区なのか、使いやすいカフェが多く、過ごしやすい街でした。