レンタルバイクでエメラルドプールとホットスプリング。ウィークエンドナイトマーケットでお腹も満足!in クラビ/タイ

2017/12/17

サワディーカー!
タイのクラビに来ています。
初日はクラビタウンに滞在、レンタルバイクでエメラルドプールと温泉(ホットスプリング)にいってきました。
夜はウィークエンドナイトマーケットでまた美味いものを発見!

クラビ空港からクラビタウンへ

日本からバンコクを経由し、約7時間。
クラビ空港へ到着。
残念ながら天気は雨ですが、気温は25度前後で思ったより過ごしやすいです。
クラビ市内まではタクシーやバスで行くのが定番なようですが、バスは時間がかかるとの前情報があったのでタクシーで行くことに。
だいたい空港前より道路にでたほうが安く拾えるので、出ようとしましたが、柵があり簡単には出れませんでした。
結局空港の出入り口前のタクシーと交渉、300バーツでクラビタウンまで行けました。
ドライバーが少し日本語がわかる方で、楽しく会話しつつ30分程度でクラビタウンホテルに到着。

レンタルバイクでエメラルドプールへ

翌日からレンタルバイクでエメラルドプールへ。
エメラルドプールは、温泉の川からできたエメラルド色の天然のプールなんだとか。
国立公園内にあって奥には鮮やかなブループールもあるらしい。

宿でレンタルバイク(250バーツ)を借り、途中雨に見舞われながらも目的地に到着。
今は乾期のはずなのに雨が多いんだけど、これも異常気象なのかな??
でもタイでは雨が降っても雨宿りしていればすぐに止むから助かる。
主要道路は途上国でも日本より整備されていて走りやすい。

国立公園の入場料は大人1人200バーツ、駐車場料金は10バーツ。
ブループールについては乾期の15時まで入場できないとのことで、エメラルドプールを通り越し、ブループールを目指す。(この時すでに14:30)
ミネラルで不思議な色になっている川や周辺をこえ、ブループールの入場ゲートを無事通過。
そこからさらに15分・・・途中雨でドロドロになった未舗装の道が出現!
ぬかるんでサンダルがもってかれたり、滑りそうになっていたら、前方からヒッピーとターザンを足して2で割ったような西洋人が。
「靴脱いだほうがいいよ」
確かに。
裸足でドロドロになりながら歩くとか保育園ぶりで気持ちよかったです。
どろが服に跳ねるので、水着で行った方が良いかも。

ドロドロの足で変なテンションになりながら、ブループールに到着!

P1020344
引用:http://tabippo.net/thailand/2/

青い!綺麗!変な達成感!

写真撮りまくったのに、スマホのエラーか何故か写真が残ってない・・・

ちなみにこのブループールは見れるだけで、入れません。
でも見る価値はあると思った!

またどろんこを楽しみながら来た道を戻ってエメラルドプールへ。
写真は撮り忘れましたが、こんなところです。

P1020359
引用:http://tabippo.net/thailand/

もうね、適温なんですこのプール!
温水プールよりちょっとあったかいくらい?
しかも川だから濁っているように見えて透き通っている!
魚もいる!
でも流れが全然ない!
深さもちょうど大人の肩くらい!

ここでテンションが上がりすぎただんなが、スマホをポケットにいれたままエメラルドプールに飛び込むというアクシデント!!
逆に、思いっきり遊びました。
トイレにシャワーブースも併設されており、オススメです。

ホットスプリングは思ったよりぬるい

エメラルドプールのある国立公園から、バイクで15分ほどのところにホットスプリングはあります。
35度くらいの温泉の流れる川に浸かることができます。
入場料は確か160バーツ、駐車場代10バーツ。
川は雨のせいか思ったよりぬるかったですが、こんな自然の川で温泉気分を味わえるなんてなんともリフレッシュできる空間でした。

d715345c399236b2513df8daee1e48a4
引用:http://sekainodokokade.com/blog/201512-krabi4

川の近くに、川からひいてきたと思われるプールのようなスペースもありました。
こっちのほうが40度くらいで硫黄くさく、温泉って感じでしたね。
夕方に行きましたが、現地の方も結構はいっていました。
ホットスプリングもトイレ近くにシャワーブースがあって、思ったより施設は整ってました。
もちろん水着着用なので行く方は忘れずに。

ウィークエンドナイトマーケット

金、土、日の週末はクラビタウンでウィークエンドナイトマーケットが開かれます。
タイはいたるところでナイトマーケットを開催してますが、クラビのウィークエンドナイトマーケットはまた特別安いです!
ショートタイパンツが欲しくて交渉する気満々だったのですが、値札から100バーツで値切るまでもなかった。

メイン会場では催しものもあります。
地元民によるカラオケ大会?やファイヤーダンスを見ることができました。

写真 2017-12-02 20 13 01

そしてまた何を食べても安くて美味しいのがタイ!

カオソーイ(50バーツ)
カオソーイ(50バーツ)

カレー味のうどんのようなもの。
軽く揚げられた麺が美味しい。

ココナッツアイスクリーム(40バーツ)
ココナッツアイスクリーム(40バーツ)

コレほんと美味しい!!
ココナッツのアイスクリームにチョコレートソース、さらになかにココナッツの果肉が入ってます。
器もココナッツの皮でかわいい!
日本にも上陸して欲しい!!

ココナッツやストロベリーなどのスムージーも20バーツ。
カットマンゴーなどのフルーツも20バーツ。
どれもうますぎて食べ過ぎ注意です。
ちなみにタイの南部の料理は北部のよりさらに辛いです。

タイマッサージも欠かせない

タイにきて遊び疲れたら行きたいのがタイマッサージ。
クラビタウンでは1時間250バーツで本格的なタイマッサージが受けられます。
タイはマッサージもどこいってもうまい・・・。
日本円で1000円以下とは思えないクオリティです。

近くに原始人の信号や、

写真 2017-12-01 10 57 39

オシャレなブックカフェもあります。

写真 2017-12-02 13 59 49

信号機の上に彫刻があるのはクラビの特徴なのか?
タイガーっぽいのがのっている信号機もありました。

クラビタウンの宿

Funky Crab

89147118
引用:booking.com

ドレッドヘアのバックパッカー率高し、名前どおりファンキーな宿でした。
比較的綺麗ですが、全エリア裸足入場となります。
共用トイレ・シャワーも強制裸足なので、気になる方は厳しいですね。
私は正直キツかった・・・。
スタッフは基本的に親切ですが、ランドリーサービスを頼んだら洗濯物は他の人のも混じった山から適当にとってくれスタイルで靴下が一足行方不明に・・・。
ベットが硬かったり、ルームクリーンがなかったり、ドアが締まりにくかったり、細かいところは気になりますが、安いのでバックパッカー宿としての利用ならアリだと思います。
WIFIは一番上の部屋ではほとんどつながりません。
となりに20バーツで利用できるコインランドリーあり。

⇒【割引】ホテル検索はこちらからどうぞ!

クラビタウンは静かで治安の良い町でした。
明日からはアオナーンビーチエリアに移動します。