バリ島 クタに到着!ホテルまでの長い道のり

2017/07/06

突然ですが、昨日からだんなとバリ島にきています。
久方ぶりの海外旅行なので、1ヶ月くらい滞在する予定です。
はじめてのインドネシア、バリ島なので楽しみなのですが、微妙なスタートに不安半分でもあります・・・。

バリ島は、ご存知南半球のインドネシアの島のひとつです。
赤道に近いため日差しが強く、つねに日本の夏と同じくらいの気温・・・という前情報でしたが、想像していたより日差しは強くはないかな、という感じです。

成田から飛行機で7時間くらいでバリに到着します。
時差は1時間。
下に移動しているので距離のわりには時差がないですね。

今回はAirAsiaで安く航空券をゲットできたので、ついでにAirAsiaの機内食も注文してみました。
やっぱりインドネシア料理っぽいものをってことで、注文したんですが・・・完全に写真をとるのを忘れてました。(・∀・;)
多分、「ナシ・クニン・メナドコンボ」と「ナシレマ」?というものです。
LCCなので有料で、ひとつ500円くらいでした。
機内食ってデザートやパンまでついてきて、量が多いなんて時が多々あるんですが、AirAsiaのは小ぶりで食べやすいサイズです。
味は香辛料がきいていて、まぁまぁと言ったところ。
インド料理ででてきそうな味。

うたた寝しつつ、バリ島に到着!
バリのデンパサール空港は、市街地にとても近く、徒歩でも移動できるほどのところにあります。

S__18341901

開放的な空港ですが、前情報によると空港内からタクシーを利用すると相場の何倍もかかるとか。
なので、空港をでてからブルーバードタクシーをひろうべく歩いたんですが・・・。
もうとにかく渋滞がすごい。
ラマダン明けだからかな?
インドネシアはラマダン明けになると数日仕事休みになる方が多いようで、バリに遊びにくる人も多いんだそうです。

これは徒歩でも変わらないんじゃないか?(´∀`;)

で、結局1時間近く歩いてホテルへ向かいました。
そういえば、はじめて行く国ではなかなかすんなりいかないもんだった・・・。

途中休憩で入った「J.CO」というドーナツ屋さん。

写真撮り忘れたためお借りしてます。
写真撮り忘れたためお借りしてます。

引用:https://ameblo.jp/balibali-english/entry-12262810558.html

インドネシア発のドーナツ屋とかで、マカダミアフラッペを買ったらふわふわのドーナツがついてきました。
料金は日本より少し安いくらいかな?

初日の滞在場所は、バリ島随一の繁華街クタです。
日本人だけでなく、西洋系やインド系、中国系など色々な国の人が旅行にきています。
交通量が多いけど、信号はないので渡るのも一苦労。
とめどなく走る、車やバイクの間をぬって渡ります。
現地の人は堂々したもんで、その中でもゆっくり渡っていくのがスゴイです。

今日はともかく疲れたので、スーパーで買い物して、近くのレストランで食事をとるだけで終了。
バリ島にも「いろはす」らしきミネラルウォーターが売ってました。
ダノンの「AQUA」や「cheers」というミネラルウォーターより断然美味しいです。
硬水と軟水の違いなのかもしれないけど・・・。
やっぱり軟水のほうが口にあいます。

レストランでは、「ナシゴレン(奥)」と「ナシチャンプルスペシャル(手前)」を注文しました。

S__18341900

「ナシゴレン」はインドネシアの炒飯的なモノです。
美味しいですが、ここのレストランはこれで40,000ルピア。
1ルピアが約80円くらいなのですが、現地物価を考えると
割高な気がいなめない・・・。
やっぱり観光客向けレストランはお高めです。

ナシチャンプルスペシャルは、ご飯のまわりにさまざまな味のおかずがのっているものです。
唐辛子がぶつ切りで入ってたり結構辛いおかずもあります。
鶏肉や牛、豚、野菜、エビなど盛りだくさんでした。
美味しさは正直おかずによります。
まずくもないけど、特別美味しくもないかなぁ。
ナシゴレンのほうが美味しかったです。
ナシチャンプルはお店によって具材や味が結構変わるみたいなので、次に期待。
ここでは65,000ルピアでした。

アイスティーも頼んだんですが、これが甘い。。。
暑い国は初期設定でお茶が甘いの忘れてました。
普段砂糖なしの人は、お茶系を頼むときはノンシュガーかどうか確認したほうがいいです。

クタは観光というより、クラブやバーとかナイトスポットが多く、お酒を飲む人なら楽しめるのかも。
クタ・ビーチはサンセットが綺麗でサーファーに人気があるようです。
個人的には空気が汚くて街もゴミが多いので、あんまり好きではないですね。
あと、コンビニとかスーパーでも、おつりなどをちゃんと確認しないと細かくボラれます。
まぁ、損しても数十円、数百円の話ではありますが・・・。
そもそもバリ島はバックパッカー向きではないんでしょうね。
ただ、英語はどこでも通じて、多分ほとんどの人が私より英語を話せます。笑
治安はぼったくりやスリなどに気をつけるくらいで、夜出歩いている人も多く、さほど悪くはなさそうです。

観光はクタを移動してから、まったりしようと思います~。