文化庁でマチュピチュのチケットを買う in クスコ/ペルー

2017/02/27

今日は文化庁あいてましたー!
無事マチュピチュのチケットをゲット♪

マチュピチュのチケットが買えた

文化庁の場所は前日の記事を参照ください(・∀・)ノ
今日は文化庁しっかり、あいてました!!
昨日の警備員さんも笑顔で出迎えてくれた~(^^)
今の文化庁の営業時間は確か7:30AM~7:30PMまでだったと思います!
お昼もやってました。
マチュピチュチケットの価格は大人ひとり126ソル。
カードで支払いましたがVISAだとひとり5ソルほど手数料とられました。。。
Masterは1,2ソルくらいで全然お得。
南米はMaster優遇が結構あります。
Masterだと安くなったり、そもそもMasterしか使えなかったり。
イタリアで盗難にさえ合わなければなぁ~(TдT)

クスコのバスターミナル

マチュピチュの次はボリビアのラパスに向かいます。
ラパス行きは色々なバス会社がだしているらしく、とりあえず下見にバスターミナルへ。
場所はここでした。

数社聞きまわった結果70ソル~90ソルというところ。
時間はどれも夜10時くらいの出発で12H~16Hで到着。
ご飯はどれもでないみたいでしたが、軽食やドリンクありのところ、Wifi繋がるバスもあって大体目星をつけて帰ることができました。
事前情報によると最短距離であるデサグアデーロという国境を通るルートはやばそうだったので選択肢から外しました。
(国境警察官による盗難などがあるらしいです。)
多少長くなるけど、コパカパーナ経由でついでにチチカカ湖を見学してきます☆

クスコの宿1

もう設備がカオスだった今回の宿。
結局当初ツイン、共同バスルームのはずがシングルルーム、バスルーム付きに押し込まれる結果となってしまいました。。。
雨漏りトラブルのあと、理不尽な部屋の割り当て、設備に英語で立ち向かうも撃沈する旅行者続出。
(多分部屋数足りてないんでしょうね)
トラブルで部屋の移動は仕方ないとしても、それに対する差額の返金などはないし、Wifiパスワード変わっても教えてくれないし(しかもあまりつながらない)、お湯は全然出ないしでとにかく設備がひどすぎました。
玄関は常に開けっ放しでセキュリティも少し不安でした。
唯一、アルマス広場まで徒歩5分以内とロケーションは悪くなかったです。

Hospedaje Pumacurco
Calle Ladrillos, 08001 クスコ, ペルー
ツインルーム 共用バスルーム 1泊 33ソル/1部屋
(実際泊まったのはシングルルーム、バスルーム付)

※booking.comより拝借
※booking.comより拝借

※booking.comより拝借
※booking.comより拝借

⇒【割引】ホテル検索はこちらからどうぞ!

しかし、ペルーはほんとご飯の量が多い・・・。
私達の場合はひとつで二人分っていう量。
日本人より身長は小さいんじゃないかと思うような、ペルー人のいったいどこにそんなご飯が入るんだろう。