王朝時代の景観が残る旧市街 in チェンマイ/タイ

2017/02/27

チェンマイは今の「タイ」という国になる前、タイ北部一帯を治めた「ランナー・タイ王国」の首都でした。
今でも旧市街にはその頃の城壁や、城門が残っていて歴史を感じる景観が残っています(・∀・)

明日からそんな旧市街内へホテルを移動ー!
今泊まっている宿は市内でもかなり端っこの方で色々と不便でありました(^_^;)
スームージーが安くて美味しいカフェが近くにあったのだけが幸いだった・・・!

この記事の目次

チェンマイの宿1

この宿は設備は悪くなかったけど、スタッフの方がフレンドリーではあるんですが色々と足りてない宿でした(´・ω・`)
ダブルで予約したのにツインになってたり、部屋の窓が多くて風通しはバッチリ!と思ったら何故か初期設定でカーテンの数が足りてなかったり、タオルを交換してもらったら乾いてないやつ渡されたり(これも足りてなかった・・・・)、毎日同じ朝食がついてるんだけどある日野菜がなかったり・・・。
ベッドはしっかりしたマットで寝心地はよかったです!
温シャワー(じゃじゃ馬だけどw)、Free Wifi、ファン、朝食つき。
やっぱりロケーションは大事ですね(^_^;)
この辺だと観光スポットへは足がないときついです。

Trekker Camp
20 Paprow, Padad, Muang, Chiang Mai, Chang Khlan, 50100 チェンマイ, タイ
ツインルーム 1泊 B250/1部屋

※booking.comより拝借
※booking.comより拝借
※booking.comより拝借
※booking.comより拝借

⇒【割引】ホテル検索はこちらからどうぞ!